スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


疲れて


そのまま眠りの世界へ


たどり着く





深い眠りの世界



bl.jpg





一欠けらの 「 雫 」



それは きっと 涙かも知れない・・・



Comment

point BGM

素敵なオカリナ!
私も娘が小さい時、いつも12時近くに帰宅して、涙とも、生命の雫とも思えるものを何回も見ました…
母がいなかったら乗り越えられなかったでしょう、その母も娘の就職を見届けるかのように暮れに他界しました。この滴は今の私には母の愛の雫に思えます。素敵なエントリーをありがとうございました。

2010/06/27 (Sun) 23:30 | カイシャ #/MrgREDQ | URL | 編集 | 返信

point kaishaさんへ

貴重で素敵なコメントをありがとうございます。
kaishaさんにもお子様がいらしたのですね。
ずっと、独身だとばかり思っていました。
失礼だったらお許し下さい^^;

これは実は別のyahooのblogに最近書いた詩なんですが、
そこのblogは今後削除するかも知れないので、
こちらにも持ってきました。


この間は、ほんとうに疲れました。
マウスを持つ手が、止まったままコックンとなり、
眠りだしてしまいましたので、このような詩を書きました。

今は、昔と違って好きな仕事をしているので、
辛くはないですが、このところ少し疲れが溜まっていたようです。

同じです。私も母や父が居ないとこうして仕事を続けていられるかどうかは自信がないです。 
kaishaさんのお母様、なんと申しあげてよいのかわかりませんが、お嬢さんの就職が決まったこと、
お嬢さんの成長を喜んで天国に召された事と思います。ご冥福をお祈り致します。

2010/06/27 (Sun) 23:55 | star #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。