スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業訓練校の実態

いい加減な求職者支援制度!酷い求職者支援訓練校・公共職業訓練校が多すぎる

     ↑ この記事でも言っていますが、やはりそういう訓練校があるのは事実です。

前にもここでこういう記事を書きましたが、ほんとうに講師として自分で働いていても疑問を感じるぐらいです。

とにかく講師のスキルが低い。最も、私の場合はこれほど時給は低くはありませんでしたが、サブ講師に入っていても目に余るほどスキルが低いのは見ていてストレスになるほどです。

時給をもっと高くするか通年雇用にするとか、講師を確保するためにもっと待遇を考えないとほんとうに良い講師がいなくなりますよと思いますね。

試験対策授業をしたことが無いなんで論外だし、パソコンの基礎すらも何を教えていいかわからないなどど平気で言ってくる講師も居ます。まったく、有り得ないです。

そんなこと言ったら、私なんて、講師経験10年以上になりますが、それでもやったことのない授業や新しいソフトの授業を担当することなど、しょっちゅうです。
最初に新しい見たこともないソフトの授業を受け持つこともやっていたので、パソコン講師とはそういうものだと認識しているし、新しいソフト・既存のソフトでもヴァージョンがUPすれば、必然的に勉強せざるを得なくなります。つまり勉強するのは当たり前だと思っています。

特にここ数年では、ACCESS3級やオフォスドキュメント3級や情報セキュリティの授業など、自分で調べて勉強して授業に備えています。

やったことが無くても、勉強方法はそれなりに身に付いているので、やるしかないでしょう。

よほどの高度な技術でもない限り、やったことがないので、できません。知りませんは通用しません。

これからのパソコン講師は、WordやExcelだけではやっていけません。

その程度なら今の時代もう誰でもできるようになってきています。
出来なくてもなんらかの操作に触れているから、ちょっと教えてあげて、練習すればできる人がほとんどです。時には講師より、訓練生の方がずっと詳しかったりします。

そういう意味では、これからの講師に求められるのは、なんらかのプログラム言語の記述ができるようになるのは必須でしょうね。

最初に戻って、時給800円 MOS検定 講師募集なんて求人、そんな訓練校では、訓練受けても期待外れとなるんじゃないでしょうかね。

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。